日蓮宗 本泉寺 伊丹とともに450年
日蓮宗 本泉寺 伊丹とともに450年
本泉寺は、今日を生きる私たちのためのお寺です。

仏教は「いかに今を良く生きるか」を説く教えです。
本泉寺はこの原点に立ち返り、誰もが穏やかな心で安心した毎日を過ごし、より良く今を生きられるように、様々な活動を通じて仏様の教えを広めています。

お寺だより

今週のことば

2024年5月22日
地獄への道は善意で舗装されている

標題の言葉はヨーロッパの格言です。この言葉は、「善い事だと思ってした事が、逆に迷惑になってしまった」という意味や「偽善の行為」など様々な解釈がされていますが、今回は「する事が出来なくて、捨てられた善意」という意味で取り上げたいと思います。
本当は「誰かを助けたい」「誰かの役に立ちたい」と思っていても、恥ずかしさや決断不足で「する事が出来なかった善意」が地獄への道中に捨てられている、という意味です。
自分がする行為が、善いか悪いかを考える事は大切ですが、善行は行動に移してこそ意味があります。あなたの善行で助かる人がたくさん待っています。「善は急げ」です。宮本観靖

お知らせ