日蓮宗 本泉寺 伊丹とともに450年
日蓮宗 本泉寺 伊丹とともに450年
本泉寺は、今日を生きる私たちのためのお寺です。

仏教は「いかに今を良く生きるか」を説く教えです。
本泉寺はこの原点に立ち返り、誰もが穏やかな心で安心した毎日を過ごし、より良く今を生きられるように、様々な活動を通じて仏様の教えを広めています。

お寺だより

今週のことば

2024年6月19日
ご機嫌いかがですか

「今日は機嫌が良い」「あの人は不機嫌みたいだ」等と使う「機嫌」という言葉、実は仏教用語からきています。
元々は「譏嫌」と書き、戒律の用語で「人々から誹られ、嫌われる事」を意味しました。
仏教では僧侶たるもの、周りの人々から嫌われたり、誹られる様な行為はしてはならない。また、そんなつもりはなくても、その様な誤解を招く行為も慎むべきだ。とされ、そのことを「譏嫌」といい、戒めとしていました。
その後、時代と共に人の心の状態を指す言葉となり、それが「機嫌」と言われる様になったのです。
もし「ご機嫌いかがですか」と聞かれれば、「あなたは人から嫌われる様な行為をしていませんか」と問われていると、自戒してみるのも、たまには良いかもしれませんね。宮本観靖

お知らせ